【一流の仕事術】案件の金額規模で選ぶのは失礼 大きな案件、小さな案件の正しい捌き方

こんにちは、

福岡で活動しているウェブ集客コンサルタントの田原靖識です!

 

今回は、

一流のビジネスマンの仕事の捉え方、さばき方について解説します。

というか、僕も学んだことになるので、シェアになります。

 

案件金額の多寡を言わない、思わない。

 

これが一流の捉え方。

 

仕事の金額が少ない時に、

「小さい案件ですけど・・・」

なんていう人がいますが、

 

実はこれはもってのほかです。

 

そもそもご発注いただいたお客様に失礼!!

 

だってそうですよね?

 

自分が仕事を依頼する時も、

たまに1万円以下の仕事の時だってあります。

 

申し訳ないなーと思っていても、

 

「ありがとうございます!」

 

と言って、頑張って仕事をしてくれる方は、

助かるなーと思うし、

何か会ったらまた仕事を任せたい!と思ってしまう。

 

逆に、

「あー、このくらいねー」

「しょーがないなー」

なんて思っていると、

 

絶対に相手にも伝わります。

 

 

心の中は態度に出る。

 

じゃあ、小さい金額でも

大きな金額の時と同じ労力を使わないといけないのか?

というと、

そういうわけではないんです。

 

ちょっと考え方を変えて、

金額の規模内容に合わせた捌き方をちゃんと考えてする事。

 

これが重要です!

 

数をこなす事を考えれば、捌きの効率性と正確性が重要になってきます。

 

もちろん、受注の影響度の将来性が高い場合は、

規模に関わらず受注実績が今後の成果につながる仕上がりになるように

十分に手を掛けて捌く事も大事です。

 

100万円1点の受注より、

10万円10点、

1万円100点の受注の方が有難いんです。

 

何故か?

 

それは、

ロストのリスクが減るからです。

 

ここを十分に認識しているかどうか。

 

ここにポイントが眠っています。

 

また、案件規模の大きい方が競合の厳しい事は十分に予見できます。

 

 

クライアントさんも価格の吟味はより厳しくされます。

見積もり合わせや、ライバル比較は当たり前におきますよね??

 

自分だったら?

と考えると

高い金額なら、渋るのは当たり前。

 

会社だったら、

100万円の決裁権は社長にあるけど、

30万円までなら部長決済でOK。

むしろ10万円までだったら、課長決済でOK!

なんてことはよくあることです。

 

僕だって、

30万円のコンサルを受けるのは考えるけど、

3000円のセミナー参加費なら、考えずにパッとお金を出します。

 

3万円の高級お菓子は考えるけど、

300円のお菓子なら、遠くのスーパーに行くより

ちょっと高くてもすぐそこのコンビニで買いますよね??

 

 

安い金額だけど、そこで満足してもらえれば、

もっと大きな案件が出てきた時に、

 

「いつも小さな金額ばかり頼んでしまってるから、

せめてこの大きな案件で利益とってもらおう」

 

と血の通っている人間だったら、誰しも思うはずです。

 

僕も、お客さまから利益が取れている案件の時は、

外注さんに「今回は金額載せていいから」と言っています。

 

一瞬の売り上げじゃなくて、

生涯顧客価値(LTV)という考えを持つと、

見方が変わります。

 

結果的に、長期的に儲ける仕事を意識すると、

金額規模は小さくても利益の大きい仕事(の取り方)が見えてきます。

 

そもそも1万円(金額規模の小さい)の仕事さえキッチリ取る事の出来ない営業に、

100万円1,000万円(金額規模の大きい)の仕事は取れない。

 

この一言で、僕は目が覚めました。

 

金額規模に惑わされずに、

取る事、取り方、捌き方を正しく理解して行動する事が重要。

 

僕はそう教わって、今も仕事をしています。

 

 

一流の人から学ぶのが、

自分が一流になる一番の近道です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ウェブ集客プロデューサー兼コンサルタント。個人事業の方を中心に「ライバルを寄せ付けないコンセプトづくり」を得意とし、ブログやSNSを活用した集客の仕組み化を構築。売上アップにフォーカスして東京、福岡で活動中。