反応が取れるLP(ランディングページ)コピーライティングの作り方

今回は、

反応の取れるLP(ランディングページ)はどんなことを書けばいいの?

ということに対する解説を行います。

コピーを書くときのポイント

ランディングページのコピーを書くときは
下記の手順に沿って作るとベストです。

外れなく良いコピーが書けますので
是非、参考にしてください。

ヘッダー

自己紹介

問題提起

問題提起を煽る(問題を深掘りする)

解決策の提示

サービスの紹介

価格の提示

特典

Q&A

お客様の声

追伸

プロフィール

 

では、具体的に話していきましょう。

 

ヘッダー

ヘッダーはランディングページの一番上(トップ)の部分です。

最初に目が止まる部分になります。

ここが一番重要!!

ヘッダーでは、

とにかく見た人に

インパクト与えること

そして、

思わず読み進めたくなるようなインパクト

が大事です。

特にこの3つを入れておきましょう。

・誰に対して

・どうなるのか

・具体的な数字

 

また鉄板パターンをお伝えします。

 

なぜ●●●の人が▲▲▲になるのか?

なぜあなたは■■■出来ないのか?

 

例えば、

なぜwebが苦手な人が

たった3ヶ月で「1ヶ月で30人も」クライアント獲得が達成出来るのか?

 

「えっ!?」

「おっ!?」

とつい前のめりになるキャッチコピーを作りましょう。

 

 

自己紹介

自己紹介で大事なポイントは

あなたが何をやっている人なのかを明確に伝えることです。

たくさんの肩書きや資格情報は必要ありません。

 

そして共感です。

最初からうまくいっている人の話なんて、

誰も聞こうと思わないんです。

だって、それだと、

「あなただから出来たんでしょ」

となるわけです。

 

そうではなくて、

「私もあなたと同じように悩んでいたんですよ」

「でも、こういうきっかけがあって、こういうことをして

うまくいったんです」

というストーリーを書くと、

グッと引き寄せられます。

 

 

問題提起

問題提起では見込み客が悩んでいることを伝えていきます。

定番のコピーとしては、

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

という書き方が一般的です。

この文書を読んで、

「そうそう、そうなんだよ・・・」

と思ったり、

「この人、グサッということ書くな、、、」

と痛みを与えてください。

 

その上で、

でも、私が解決できたように、あなたにもその方法を教えます!

と伝えていくと

「何かあるの???」

と読み進めてくれるわけです。

 

 

問題提起を深掘りする

問題提起をさらに深掘りしていきます。

このまま今の問題を抱えたままだったら

どうなるかをしっかりと伝えましょう。

ちょっとキツイ言い方をしてもいいです。

むしろしてください(笑)。

 

だって、

本当に悩んで解決できないままだったら、

ヤバいと思っているはずですから。

 

「この問題、本当になんとかしないとな・・・」

 

そう心に刻ませましょう。

 

 

解決策の提示

解決策では、見込みのお客さんが抱えている問題を

あなたの今回の提案で解決できることを伝えていきます。

 

「私はあなたと同じ悩みを持っていたけれど、

こういう方法で解決しましたよ」

「これは必ずや、あなたが今抱えている悩みも解決できるでしょう」

 

そして解決した後、

どのような心境になったのかを伝えていきます。

「問題提起」の時は、【痛み】を与えていました。

 

ここでは逆に【快楽】を与えていきます。

 

今の悩みを解決したら、

・ストレスなく生活できるようになった!

・将来の不安がなくなった!

・自由な時間が増えた!

・笑顔が増えたと言われるようになった!

など、

気持ちの変化を伝えていくことが大切です。

 

こんなことができるようになった、

というメリットだけではなくて、

ベネフィット。

ライフスタイルや心情の変化をイメージさせることが

一番重要です。

 

 

サービスの紹介

ここでは、あなたの商品やサービスを具体的に紹介していきます。

メルマガ登録のランディングページであれば、メルマガ登録のこと。

商品販売だと、商品のこと。

サービスの提供なら、サービスのこと。

どんな内容が手に入るのか、サポートがあるのか、

スクールであれば、どんなカリキュラムなのか。

 

このことについて書いていきます。

より魅力的に見えるように書きましょう!

 

 

価格の提示

お客さんは、これまでの問題提起で、

「このままだったらマズい・・・」と痛みを感じ、

でも、「解決策がここにあるかも?!」とちょっと道が見えてきて、

そして、「実際に自分にもできるかも!?」「今の問題を解決して、望んでいる未来を手に入れたい!!」とワクワクを感じています!

 

じゃあ、いくらで解決できるのか。

 

価格の提示では、本来売ろうとしている価格よりも

高めの通常価格を用意しておくことが大切です。

 

特に、「今なら!今だけ!!」という限定の価格を用意することをオススメします。

最初に高い金額を提示しておいて、あとから安く見せる手法です(マーケティング用語でアンカーリングと言います)。

 

でも、

安易に安くします!

ではダメです。

 

その時には、

どうして値下げをするのかを書きましょう。

 

メルマガ登録のような無料のものであれば、

「どうして無料でそんなにいいものを提供してくれるのか?」

 

無料だったり、安くしすぎたりすると、

人は警戒します。

 

だけど、そこに、

「私も悩んでいて、その時に手にいれることのできる金額帯だったら、

どれだけ良かったことか・・・」

「私と同じように悩んでいる人を出したくないので、

一人でも多くの人に手に取って欲しいので、

今回はこの価格(もしくは無料)にしました」

 

と言ってもらうと、納得しませんか??

 

価格は安易に安くしない。

これは基本ですので、覚えておいてください。

 

 

特典

申込者(登録者)に限定特典を用意しましょう!

できれば3〜7個用意することが望ましいです。

そして、「20万円相当」といった概算金額を提示すると、

儲けた!20万円分がタダで手に入った!!

と思ってもらえます。

 

この特典だけでも欲しい!!

というものを作りましょう!

 

ここでオススメなのは、

発送したりコンサルをしたりするものではなくて、

手間がかからないものがいいです。

 

例えば、

・PDF資料

・音声教材

・セミナー動画

など、コンテンツとしてすぐにメール送信などできるものにするとベストです。

 

もしコンサルなどを特典につけたいのであれば、

先着3人などにして、先着特典にすると良いです。

そうすれば、かかる時間を少なくすることもできます。

 

ユニークなアイデアも入れても構いません。

・セミナー後に一緒に食事に行ける

・ランチ(ディナー)をご馳走する

・書籍をプレゼント

・Amazonギフト券1万円分を抽選でプレゼント

など、

あなたでも「欲しい!!」というものを作りましょう!

 

 

Q&A

Q&Aでは、見込み客があなたの商品やサービス、セミナーなどに申し込む時に

疑問に思いそうなこと、不安に思うことをここで潰しておきます。

 

例えば、

・時間はどれくらいかかりますか?

・結果を出せるのが遅い人で、どのくらいかかっていますか?

・絶対に結果は出ますか?

・返金は受け付けていますか?

・パソコン操作が苦手なのですが・・・

・分割決済も受け付けていますか?

・本気でやれば1ヶ月以内にできますか?

 

など、思いつくだけ用意しておきましょう!

 

 

お客様の声

お客様の声はあなたの社会的証明をするために
非常に重要なものです。

顔出しができる方にお願いをして
なるべくたくさんの人に書いてもらいましょう!

 

 

追伸

ここまでは論値的に話を進めていきますが、

最後の追伸はあなたの熱い想いをぶつけてください。

 

どうしてこれをしているのか、

なんでこの仕事をしているのか。

どんな人に、どうなって欲しいと思っているのか。

 

ここではサービスのことは触れずに、

想いで押しましょう!

 

 

プロフィール

最後はあなたの名前とプロフィールです。

・名前

・肩書き

・実績

・運営しているスクールなどあれば

 

 

以上がランディングページのスペシャルブックとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ウェブ集客プロデューサー兼コンサルタント。個人事業の方を中心に「ライバルを寄せ付けないコンセプトづくり」を得意とし、ブログやSNSを活用した集客の仕組み化を構築。売上アップにフォーカスして東京、福岡で活動中。