Mac 動画キャプチャーの作り方【無料で出来る方法】実況動画の作成も可能

パソコン画面を動画キャプチャしたい場合、
Camtasiaなどの有料ソフトを使うのも良いのですが、
細かい編集など必要なく、手軽に動画録音したい場合も
ありますよね。

既に知っている人も多いとは思いますが、
実はMacは無料で動画キャプチャできる方法があります。

今回は、必要な無料ソフトと使い方についてご説明させて頂きますので
ご参考にして頂ければと思います。

音付きの動画をキャプチャする場合はこちらの手順になります。

「Soundflower」と「LadioCast」を使えば「音をモニタリング」しながらQuickTime Playerで画面と音を収録できます。

音付きの画面キャプチャ自体はQuickTime+Soundflowerだけでもできるのですが、この環境だと動画を収録しているときに音をモニタリングできません。

そこで役に立つのがLadioCast。このアプリを使えばSoundflowerの出力を掴んで内蔵スピーカーに渡すことができるので動画を収録しているときに音をモニタリングできるようになります。

LadioCastの入力を増やせば内蔵マイク等の入力もミックスすることができるので、解説や実況動画を録画する時などに役に立ちます。

QuickTimeで音付きの動画キャプチャを実行する。

1.「Soundflower」、「LadioCast」をインストール。

2.システム環境設定の「サウンド」→「出力」からSoundFlower(2ch)を選択、もしくはoptionを押しながらメニューバー音量アイコンをクリックし、SoundFlower(2ch)を選択します。この時、SoundFlowerの音量がMAXになっていることを確認します。

 

3.LadioCastを開き、入力1をSoundFlower(2ch)。出力メインを内蔵出力にします。その他はN/AのままでOK。

 

4.QuickTimeを開き、「ファイル」→「新規画面収録」を実行。

5.画面収録ウィンドウ内のメニューからSoundFlower(2ch)を選択します。お好みで画質やマウスクリック表示/非表示の動画のオプションも設定します。

6.録画ボタンを押して録画を実行します。

※録画中はMacから出る全ての音が録音されるので、余計な音が入らないように不必要なアプリは終了させてください。

解説・実況動画をQuickTimeで撮影する方法。

 

こちらはMacからなる音+内蔵マイクで実況すると仮定した場合の手順です。上記手順の3番と5番を変更するだけです。

3.LadioCastを開き、入力1をSoundFlower(2ch)にし、出力先をメインとAux 1に選択。入力2を内蔵マイクに変更し出力先をメインに。出力メインをSoundFlower(64ch)にします。出力 Aux 1を内蔵出力にします。後はそれぞれの音量のバランスを整えます。その他はN/AのままでOK。

 

5.画面収録ウィンドウ内のメニューからSoundFlower(64ch)を選択します。お好みで画質やマウスクリック表示/非表示の動画のオプションも設定します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ウェブ集客プロデューサー兼コンサルタント。個人事業の方を中心に「ライバルを寄せ付けないコンセプトづくり」を得意とし、ブログやSNSを活用した集客の仕組み化を構築。売上アップにフォーカスして東京、福岡で活動中。